長い

短い:http://whirl-girl.tumblr.com

また同じような話

 

今はどこにもURL載せていないはずのブログなのに、昨日はアクセス数が多かった。みんな心配してくれてんのか、面白がってんのか、私の不幸が嬉しいのかはさておき、私にそれなりに興味はあるんだなって思って少しだけ嬉しい。

 

 

続・遠距離

大阪と仙台(仮、私も数ヶ月後にはどこにいるかわからない)の遠距離がまた続く。最低5年。最低。

5年も一緒にいれるはずない、とか、遠距離はもう無理だよ〜とか、経験豊富な方々は経験上で物事をはかってワーワー言ってくる。でも、私はそんな経験知らないので、とりあえず今を、今後の楽しいことを考えて自分のバランスを崩さないようにしている。余計なモノを投げ込まないで欲しいです。まだ私はそれなりにピュアハートだ。あなたと私は違うし。今後何があるかなんて誰にもわからないしね。未来人がいたら私のところに来なさい!って涼宮ハルヒも言っている。

 

彼(ブログ内でのいい呼び方が見当たらない)は陽気な人だから、日曜に配属先発表の歌作ったよ〜って楽しそうに報告してきた。今日、その歌をツイッターに投稿したら電話とラインが鳴り止まなかったらしい。愛されてんな〜と思った。私には無いものってまさしくこれだな、これが魅力だな、と。

 

私には、配属先発表後すぐに連絡をくれたんだけど、もう朝からしんどくて、気を抜くと色々考えてしまいそうになって精神ボロボロ〜!だったので、バイトを早退させてもらった。「彼氏、配属先大阪になったんです。普通にしんどい。接客もしたくないです。早上がりさせてください。」ってヘラっと言ったら、「ちゃんとキテるな。いいよ!落ち込む時はとことん落ち込め!明日から頑張れ!」とまさかの返答。「無理するといつかどっかでダメになるからね」って社員さん、、あなたは神様仏様の生まれ変わりですか。拝みながら退勤した。寝る前も一度バイト先の方向へ拝もうと思う。

 

この早上がりを有効に使おうと、家に帰ってから電話した。根拠も絶対もないけど、なんとなく大丈夫な気がしている。1番辛いのは当の本人なのに、その本人より私が落ち込んでちゃいけないと思わされた。彼は本当に強くなった。大阪がすごいのか社会人がすごいのかはわからないけど、電話越しでウジウジ寂しい〜って泣きそうな声で話していた人が、しっかり前向きに話してる。しんどいって口では言うし、そりゃあ勿論しんどいんだろうけど言葉がハッキリしてて、たくましかった。心強い。最近冷たいんじゃないかとか、あっちからあんまり連絡くれないな〜とか色々悩んでいたけど、ちゃんと適応して成長してるだけなんだなぁ、としみじみした。寂しいけど。遠いし。冷静に。Googleマップで調べたら凡そ769km。ドリカムは絶対これより短いだろ。東京とか。終電に間に合って0時ちょい前にそっちに着くんだから。

 

恋愛はなんでこうも人をバカにさせるのか(個人差有)と思う事例。あんだけ仙台に残りたいと嘆いていた私が、大阪に勤務希望出してもいいかも、なんて思ってしまっている。そうでなくても、もっと近いところ、関東のどこかとか。大学の友人と遊びたいし、仙台という街自体が住みやすくて好きになったとい思いもすごく大きいからふわ〜とそれもアリかもな〜って考えてるぐらいなんだけど。

なんと浅はかな女なのかしら、って考えながら、悪くないねこういうのも。なんてちょっと自惚れてて、最高に気持ち悪い。

 

あと2週間もすれば2ヶ月以上越しに三次元実物と会える。実在しなかったらどうしよう。そして、私が2ヶ月しんどいよ〜く〜って耐えてる間に、先輩方が大阪へ足を運んでいてズルイ!社会人ズルイ!なんて子どもみたいなことを考えていた。こんなに長い2ヶ月があるんもんか、ってぐらい長かった。まだ終わってないけど。

 

 

長ったらしく余計な情報満載で書いていたけど、結論は、みんな遊んでね、ってことよ。本気のビアガーデンをしないと夏バテして死ぬ。