長い

短い:http://whirl-girl.tumblr.com

飛び込め!

人にはキャパシティとか、許容範囲とか、沸点とか、あるんだよ。覚えとけ。

 

 

 

 

ちょっとした早とちり

この間、最後の1つに残った企業の最終面接を受けた。もう私に持ち駒はないし、新規にエントリーするつもりもない。あとは結果を待って就活終了なわけだ。私が第一志望に考えている企業の結果発表日を1週間早く勘違いしていて、落ちた落ちたと散々落ち込んで、気分転換だと、友人の家に招いてもらってただご飯を食べてダラダラして、劇場版ワンピースの何気ないけどクソ笑えるみたいな場面を探してゲラゲラ笑うというくだらない遊びをした。最高に楽しかった。私の周りの友人は年相応ではない子どもっぽさはあれど、最高にくだらなくて、そこが最高に愛せる。持つべきものだと思った。

で、肝心の結果発表は来週なわけで、しかも、合格者のみに連絡のシステム。これ、本当に良くないと思う。ダメ男に引っかかったダメ女にでもなったような気持ちだ。午前中は期待に胸を膨らませてドキドキしているんだけれど、午後になり、日が落ちていくにつれ、期待しちゃダメ…振り回されちゃだめ…なんて思うし、もう19時ぐらいにでは完全にご縁はなかったことが明らかなのに、なんとなく未練がましい気持ちになる。だめな恋愛のそれだ。勘違いしていた日の私はもう本当にダメダメで、3分に1回携帯を確認してしまうし、ため息がとまらなかった。運が悪く、その日はゼミで、気が狂っていた私は、研究チームが一緒の男の子に何度も不安定な情緒を披露していた。突然、ジャスティンビーバーを歌いながら踊りだし、変顔を披露して、椅子を使ってぐるぐる回転して笑い出したりしていた。こんな21歳の女性にもめげずに優しく接してくれた彼に感謝しようと思う。

もうすぐ私の就活は終わるけど、終わったところで将来なんてずっと不安で、本当に嫌になっちゃうなって思う。社会に飛び込むの、こんなに苦痛なんだな。

 

 

酒の力

私をビアガーデンに連れてって!って思ってたら、連れて行ってもらいかけたけど、生憎の雨で室内居酒屋に変更になった。でもまあそれはそれで楽しいからいい。お金はないけど、心は荒まない。大事なことだと思う。しかし、20歳を越えてからのお酒の弱さが尋常じゃない。昨日はみんなと一緒にいるときはフワフワ楽しいぐらいだったのに、家に帰った途端視界が歪んで、放ちたくもない奇声が漏れ、大きな独り言が止まらなくて、あれあれどうしたよ私状態でベッドに倒れこんだ。頭の中では着替えないと、コンタクト取らないと、化粧落とさないとって色んなことを考えているのに全然起き上がれない。し、あんまり記憶がないまま酔った勢いというやつで ヘンテコなラインを送っていた。いつか何かで失敗しそうで、とても怖い。厳重な注意を払って酒飲みたい。でも、酒飲んでる時に気をつけようなんて考えられないから人間はアホ。とりあえず昨日は人には迷惑をかけていない(はず)なので大丈夫だと思う……迷惑かけないからいっぱい飲みに行こうって言って欲しい。私も積極的に飲酒に誘っていきたい。

 

 

 

もう、面接に行くことがなくなってしまった私は、すっぴんボサボサ頭で近所を徘徊するしか能が無いような人間で、なんとなく、色んなことがやばいなって思いながら、ドデカミン飲んでるよ。