長い

短い:http://whirl-girl.tumblr.com

取捨選択

 

instagramの写真がごちゃごちゃのチカチカなのがずっと前から気に食わなかったので、いよいよリニューアルに踏み切った。

 

前のアカウントから適当にフォローしようと思ったけど、急にタップの手が止まる。

「学科一緒だけど1年生以来喋ってないしな」

「もう何年も連絡とってないしな」

っていう理由でフォローを躊躇ってしまう人が何人かいた。そもそもあっちは私の投稿なんて見て楽しいんだろうか、ちなみに私は大して楽しんでない。そんな理由で取捨選択をしていたわけだけど、私は何様なんだろうか、とふと考える。

 

生きていれば、環境はコロコロ変わって、その環境で過ごしていれば私自身どんどん変わっていってしまう。中学時代、仲の良かった同級生も、今では互いに全く交わらないような性格だったりする。

 

 

良い人を取り繕って接して、でもそれがすごく窮屈な気持ちになる人ばっかりで、自分の心の狭さと捻くれ方に驚いた。

 

 

結局、今も仲良くしている友人、同じサークルの人間が中心になったフォロー欄を見て、数ヶ月後に私が大学を卒業したらどうなってしまうのかとヒヤっとした。

 

また新しい環境に飛び込めば、同じように、大学で出来た友人、沢山遊んだ友人が疎遠になりかねない。今まで何度も当たり前のように繰り返して来たけど、すごく切ないことだと思う。

私の中と相手の中での違いの順位ってものが絶対にある。低いほど消えて行く。忘れたくない人は忘れないようにしているし、関わりたい人にはすがっているし、きっとお互いに大した感情はないから疎遠になってしまう。その当時、近くに居た人に過ぎない。

 

 

私は今まで何人の人とそういう関わり方をしてきたんだろう、いつになったら向き合って、真っ当に人間関係築けるようになるんだろう。 

 

私だけが、向き合っても、相手に知らん顔されたらそれまでなんだけど。

 

難しいもんだ。

広告を非表示にする