忘却の彼方

忘れた頃にやってくるのが私だ(?)

 

失礼な話だが、メジャーな路線ではなく、マイナーに偏屈に音楽が好きな人は、漏れなく人とはどこかしら変わっているように思う。変っていうのは必ずしも悪い意味ではなくて、個性的に面白かったり、単にメンヘラだったり、常人は目を向けないところに思考を凝らしたりする人だったり。

私の場合は、実家へ帰る高速バスで急に涙が出たり、変な妄想を膨らませたり、普段は考えないようなことに頭を悩ませたりする。

 

今、誰もいない実家で、いつ親が帰ってくるかハラハラしながらブログを書いている。

中学の時、チャットにハマって、部活がない日は早く帰り、親が帰るまでドキドキしながらパソコンに向かっていたあの日のことを思い出した。

顔も知らない人としょうも無い会話をしていた。好きな音楽とか、学校で流行っていることとか、記憶にも無いような些細なこと。たまに精神不安定な人に誹謗中傷され、ネット初心者時代はムキになったという恥ずかしい経験もある。中学生だと舐められる気がして、17歳ということにしていたら、ネカマか男かはわからないが、個人チャットでエッチなことを聞かれて大人とはこういうことかと間違った認識をしたこともあった。(エッチなチャットはすぐに切るぐらいの思慮分別はあった。)

 

まあそんなことはさて置きで、私がさっきまで1人で考えていた変な話の話をする。

みんなそうだって話だけど、色んな顔がある。サークルで和気藹々してる私も、演奏してる時の私も、学科の友達とおふざけしている私も、アルバイトしている私も、全部違う顔。それを、こんな顔があるんだな〜と知って欲しいなみたいな気持ちと、恥ずかしいから知らないで欲しいなって気持ちがあって、なんでそんな気持ちになるのかの調査を今行なっているよ。なんの話?

 

あと、残りの生活は余計なことは考えず、仲良く穏やかにやって行こうと決めました。人は人よ。私は私よ。心があるもの!

 

広告を非表示にする

ブログのタイトル、センスがない

youtu.be

 

シャクシャク余裕で暮らしたい。が永遠の目標だ。

 

私は本当に起こることすべてにおいて余裕ない。

バイト中もセカセカしてミスをするし、気持ちが不安になるとすぐ彼氏にネガティブな言葉を吐き散らしてしまうし、人前に立ってみんな話聞いてないと思うとすぐにイライラしてしまう。

本当なら全部くるくる回って踊りながらミュージカルみたいにこなしてやりたい。

  

 

私が嫌われてしまう理由

口うるさくて余裕がなくて悲観的なところだ。わかってるから余計に直したいと思うけれど、私がグイグイ前に出てきてとどまることを知らない。私では務まらないとと思うことばかりだ。

 

仕切り役には選んで貰ったけれど、任せて貰える嬉しい気持ちと、私には荷が重いという気持ちと。本当は別の子にしたいと思ってたというのは他者伝手に知っていて、私になった時、すごく複雑にもなった。

 

どうでもいいグチグチしたことは山のようにででくる。

もっともっと綺麗なものに目を向けて生活していたいよな〜。

 

 

内定者研修の予習をして、中間発表のスライドを作って、シャワーを浴びて洗濯物を干して、部屋を掃除してまったりしながらギターを弾いてバイトに行く。

できるできる。

 

 

 

 

情緒不安定

サークルの学祭での演奏会が終わった。

 

今回はなんだかみんなの気持ちがまとまっている感じがして、ギスギスしたりとか、自分だけカッコ良ければいいとか、そういうガキっぽい雰囲気を感じなくて気持ちが穏やかだった。

 

何より嬉しかったのは見てくれた人が多かったこと。

きっと知らないバンドだし、演奏を見ることはサークル会員にとって半強制なので興味があって見ているわけでない人もたくさんいるけれど、見て見たらよかったです。っていう風な感想があっちこっちで飛び交って、私が1年生の時のサークルを思い出した。

 

私は後輩と沢山バンドを組んだ。

皆、同級生で思い入れの強いバンドをしたり、やっぱり四年感伊達にステージ立ってない分、経験からカッコいいがわかっているバンドをしていて心底羨ましかったし、同級生と組むバンドが少ない私は凄く惨めだなと思っていたけれど、結果皆私が羨ましいだろ!って思うぐらいに後輩と組んだバンドが最高だった。

この子はこんなこともできるんだ、とか、この子は凄く熱心だとか、こんな可愛らしいところやお茶目なところがあるんだなとか、発見がたくさんあって面白かった。みんなきっと、私の演奏も含め、見て聴いて、あの子達と組みたくなったに違いないと思った。

 

 

先輩たちが抜けてしまって、私たちが最上級生になって、褒められることがなくなって。やっぱり同級生は皆上手だから、私はステージの上で目立たない存在になっていることにずっと劣等感を覚えていた時期があって。でもそれを乗り越えて、まあ、楽しかったらいっかって思いながらゆるゆるとやって来たんだけど、昨日は後輩に褒めらた。

 

ボーカルの中で私の歌、歌い方が一番好きだと言われたのが本当に嬉しかった。

音程がブレブレで、もさっとした声で、狭い音域でも、全部出そうと思いながらボーカルをしていた。少しでもそれを見ていいと思ってくれる人がいるんだと思うと凄く嬉しかった。コピーバンドだし、人の曲だけど。

 

 

でも、それにしても、やっぱり同級生はカッコいい。

私はいつも追いつこうと思っていた。入学当初、皆上手くて、先輩に「1年生上手いね」と言われた「1年生」に私は入っていなかった。何とか追いつこうと思ってしがみついて登っても、皆また離れていってしまうような同級生だ。重複するけど、素敵な舞台を見せられるたびに、私はこういう風にはなれない、ずっと雲の上にいる人たちばかり、みたいな気持ちになったのだ。でも年を重ねて、考え方も変わって、この人たちと同じ学年でフランクにバンドを組めることに感謝するようになった。

 

私は運が良いし、幸せ者だ。

 

私はとある女の子のベースが大好きなのだけど、彼女が弾く姿をみて、何故だか泣きそうになった。こんなにカッコいいなんてずるいな〜いいな〜と思って、私もこんな風になりたかったと嘆きそうになった。

 

 

こんな気持ちになるから、たまにムカついてもやめられないし、私は音楽を聴いてグッと動く心を持っていてよかったなと思う。

 

 

12月も頑張ろう。

 

広告を非表示にする

思いの丈

 

人の目に当たるところでいうと、何故か知らないけど、あんまりよく思われないのでここで言う。

 

 

明日彼氏に会いにいくのでテンションがぶち上がっている。

月1か2ヶ月に1回会えるぐらいの距離と忙しさなので、本当に本当に毎回待ち遠しくて嬉しくなる。 

でも、毎度私が遊びにいく時は彼氏の財布が寂しくて、特に何もせずにダラダラして終わったりする。それでも構わないぐらい嬉しい。

 

って、思ってたんだけど、毎度毎度、楽しみにしてるの私だけな気がして変に落ち込んでしまう。正直1人になりたいと思ってんじゃないかとか、私と会うより他の友達と会いたいのかも、とか。

はしゃいで、明日だね!とか送ったラインも、返信は来ないし、恥ずかしくなってしまって、気持ちが落ち込む。  

 

 

そんな感じっすよ、私。

 

 

好き勝手言わせてくれればいいのに、それを許してくれない現代社会。

私がそれを言うのが気持ち悪いのかもしれないみんな。きっとそう。

 

 

私は今の彼氏が初めての彼氏で、それまでは誰にも好かれたことはないし、片想いもうまくいくことなんてないし、自己嫌悪甚だしい人間だった。今もそんなもんだけど。

そんな話で気の合う人たちもいた。でもいざ私の気持ちが実れば、裏切り者とか言われて手のひら返されてしまうような気がしていた。

私の大好きな友達はそんなことはなかったけど、一部の友人には「あーはいはいそうですか」みたいな態度を取られて、悔しくて悲しかったのを今でも思い出す。

 

私は逆の立場だったら凄く嬉しかったと思う。

 

恋人がいるからカーストが上みたいな考えはちゃんちゃら可笑しい。

 

 

そりゃあ、人生経験として恋愛をすること、連絡を取り合ったり、デートに行ったり、身体の関係を持ったりとかはあって悪いことはないと思う。 でも、それを人より早く経験したとか、多く経験したとか、反対に遅いと惨めだなんてこと、ないと思う。

そういう風になりたかったのに、なれない焦りと嫌悪みたいなものはあったけど。

でも無理して経験するもんじゃない。

誰でもいいなら私でいいじゃん!って話でうまくいってる、羨ましく思える間柄なんて見たことがない。

 

 

私は昔から諦めが悪いところがあって、今の彼氏の前に好きだった男の子(中学時代)には二回告白して二回振られた。今の彼氏は大学で知り合って、あっちの好意がイマイチ本気かおふざけかが私には分からなくて、でも惹かれてしまって、頭を抱えているうちに、違う人に持っていかれてしまって。でもジワジワ諦められずに押して押して今だ。

 

自己肯定感低いくせに、図太い性格でよかったと、この時ばかりは思った。

 

 

女子なので今日はトリートメントと足マッサージして寝る。

恥ずかしい。

広告を非表示にする

見ないで欲しい

 

 でも、知って欲しい、と言うのはだいぶワガママだ。

ワガママにワガママを重ねて生きている。

 

このブログ、誰にバレてて、誰に見られてるとか、大体検討ついてたりするけど、夜中のバッと溢れた気持ちをおりゃおりゃ書いて、我に返って読み返した時に、これ、誰かに読まれたんだと思うと、恥ずかしくて死にたくなったりする。

でも、ツイッターではすぐ消してなかった事にしてしまうことも、ここには気持ちの悪い黒歴史としてしっかり残してる。本当は半分ぐらい消したい。吐き気がする。

 

 

 

考えとは、一転二転してしまうもので、それは生きていれば何かしら影響を受けてしまうから仕方ないことだ。

あの時と言ってることが違う!っていうのは至極当然な話なのだ。

バカボンのパパみたいな文体になってる。

 

 

私がこんな気持ちの悪いこと連ねてるの知ってるくせに、何となく知らないふりをして、ウザい、キモいと内心嘲笑いつつも仲良くしてくれる人とか、知っているかついじられてるのはあまりいい気はしないけど、まあ何となく恥ずかしさをほぐしてくれるような触れ方をする人とか、いい友達だと思うね。

 

普通だったら無理だね、人間的に。こんな気色悪いこと書いてるデカ女。

 

たまに優しいがすぎる人が、大丈夫?って声をかけてくれるけど、これはそういうためのものじゃなくて。私は基本的にいつでも大丈夫なのだ。ただ思うことや、考えてることはあって、それは人には言えないけれど、自分の中にとどめておくのが苦手だから、「見ないで欲しいけど、知ってくれ」ってそういう意味のもので。難しいけど、私は本当に割といつも大丈夫だ。

 

大体周りの人間、私より高等だし、私より知性的だし、私より優れてる。

そう思うと、まあ、こんなでもいいよね。って思える。

 

 

 

コーヒーがなくなってしまったので、明日の朝は少しテンションが低いと思う。

 

広告を非表示にする

誰にも相手にされない

 

眠れない。

明日は一日中働かなければならないのに眠れない。

ので、今考えていることをツラツラ書いていくコーナーを開催してしまう。

 

 

私含め、私の友人は時たまにメンヘラの子や、少し痛い子のSNSを面白がって見たりする。私もどこかで人を馬鹿にしていたい気持ちがあるって、覗いては嘲笑っている。

でもこれって、人のふり見て我が振りなんとかって話で、私も何も変わらない。

気持ちが落ち込むとツイッターやらインスタグラムやら、ブログやらを更新して気を紛らわすことが沢山ある。

わかる!わかるんだ!お前らメンヘラの気持ちは痛いほど!

私はマジで性格が悪い。

 

 

最近、誰かが悪く言われると、本当にしんどくなる。

これも人のふり見て〜〜の話なんだけど。

敵視しすぎてる、みんな。何をそんなに競っているんだ。 

あいつはもうお腹いっぱいとか、飽きたとか、ダサいとか、そんなチンケな言葉で仲間を蹴落として楽しいのかって思ってしまう。

そんな敵視が当たり前になって、1人、また1人って、そんな空間がしんどくなって、それをメンヘラとか病んでるとかで片付けて、自分たちは高尚な存在みたいに振る舞ってる奴らに苛立ちを感じたりする。

そんでもって、“メンヘラ”になってしまった人も、あの人が無理とか、あれが嫌、これがダメって、もう目先のことしか見えなくなってしまう。

 

誰とも比べなくたっていいし、これはなんの競技でもない。

私たちが自己満で楽しむためのフィールド、ステージで、なんでそこまであれやこれや言っているの?

 

ここ最近の嫌な空気、本当に死ね、と思う。

 

てか、どーでもいいんだよ!!!

マジでどーでもいい!!!!!!

って、思いたいのに、どうしてこんなに頭を抱えなければならないのか。

 

 

自己満のパフォーマンスがお腹いっぱいなら、お前がごちそうさまって去っていけばいいじゃねえか!お腹いっぱいになって当たり前の場所なんだよここは!

誰も誰かとあなたを比べてないし、ちゃんと良さだってわかってるのに、どうしてすぐに嫌いなんていうの。わかるけど、全部ではないけど、気持ちは多少わかってるつもりだけど、私たちの立場も考えてよ。

 

 

大人になれない子どもの集まりみたい。

 

 

どうしてもっと、穏やかにいられないのかな。

イライラするとか、ムカつくとか、そんなの人間誰しも発生する感情だけど、それを外に察せよって態度でデカく構えて、王様気取りで、その後機嫌取りをした奴が優秀みたいな、そんなのもうやめようよ。見ていて悲しくなる。

 

 

好きな人と、好きなことをやることが悪と扱われることも、

平等な立場であるはずなのに、王様気取りの奴らに自由を止められることも

楽しい場所を息苦しくしてくる人たちも、

もう終わりにしよう。

こんなんじゃなかったもの。

 

 

 

わたし、もっと、信頼されてると思ってたのにな。

あの時、純粋に楽しんでくれてると思ってたのにな。

みんな、雲の上の存在みたいに思えて、楽しんでいる姿が素敵で、憧れていたのに。

いつからこうなった?

誰がこうした?

 

 

適度に真面目に不真面目に楽しんで、

なにも考えずにプラプラへらへら遊んで、

あれはダメ、これはダメなんてそんなのなかったあの頃に戻りたい。

 

毎週楽しみでワクワクしていた。

戻らなくていいけど、今がそうなってほしい。

 

 

私と感覚、感性の合う人だけそばに居てくれたらいいし、それ以外の嫌な奴らなんて知らない!勝手にしたら?って思っていれれば良かったけど、そんなの無理だ。

 

気持ち悪いけど、私はみんなが大好きだよ、まじで。

たまに意見の相違にムカついて、子ども染みた態度にイライラもするけれど、

それでも楽しかったこととか、尊敬できるところとか、魅力とか、そんなのもうこの短い間でこれでもかってぐらい感じて、見てきてる。

 

それをぶっ潰して嫌いになるなんて無理な話。

嫌いになれないし、嫌いじゃないからもうやめてって思ってる。

そんなんじゃなかったよって。

だから、みんなでヘラヘラ笑って楽しんで終わりたいのに。

 

 

あいつが悪いのもわかったから、それが嫌なのもわかったから、

そんなのとりあえずまとめて噛み砕いてバカのふりしていようよ。

 

 

 

最後なのに、こんなの嫌だよ。

 

夏休みが終わってしまうことについて

やばい。本当にやばい。

人生最後の長い夏休みが。こんな形で。

 

こんな形とは言ったものの、皆さんのおかげですごく楽しく過ごせました。

ですが、何だか煮え切らない自分もいて、少し困っている。

 

 

 

プールバイトは寒い日が多くて、夏を感じることが出来なかったのが悲しい。私の最後の出勤は思わず愚痴がこぼれてしまうほど寒かったが、4人だけプールに入りにきてくれた。そこにいつも私に生意気言ってくるガキンチョの姿はなくて、別れを告げられなかった。彼らは私の知らないところでこれから大きくなっていくのだ。いつかどこかで会うことがあるかもしれないし。変な気持ち。

 

お盆は彼も帰省して、サークルOB.OGの方と同級生の女の子と山形県蔵王町に遊びに行ってきた。いい歳して草原の坂に設置されたソリから滑り落ちたり、クセのある羊の肉・ジンギスカンを頬張り、釣り堀で釣りなんかした。1年前に戻った気持ちになった。

 

合宿もすごく楽しかった。普段使わない筋肉全部使って笑ったぐらい。みんなで食べるご飯は最高に美味しかったし、クオレから見る湖は相変わらず、すごく綺麗だった。女子部屋で変な話をしたことや、みんなで川の字になって寝たことも素敵な思い出だ。なんでも最後だと思うから泣きそうになってしまう。

 

そして、仲良くしていただいてる先輩方3人と鎌倉へ旅行に行った。寝坊してバスに乗り遅れて、新幹線の当日券を買った。新幹線が激混みで、大宮まで立ち乗りだった。それでも先輩と話しながらだとあっという間だった。

ずっと寒さが続いていた仙台とは違って、関東はしっかりと夏だった。

一個上、二個上で、性別も違うのに、一緒にいていい意味で気を遣わない。そりゃあ勿論線引きはしっかりとしているけど、そういうのじゃなくて。心地いい関係だと思っている。

ちょっとお高いビュッフェ式ビアガーデンでおつまみ選手権をしたり、やっすい串カツ屋さんで飲み直したり、大仏を見た途端元気になったり、いきなり歌い出したり。人が大勢いる駅で、マンガチックな歩き方をするのがあの旅のブームになった。

次は北海道に行きたいなんて話をした。次の話が出来るのは幸せだ。

 

 

毎年恒例で、夏は学科の友人と近所の小さな花火大会に行っている。正直、浴衣を着てもテンション上がらないし、毎回可愛くならなくて落ち込む。

でも、そんなこと忘れるぐらい楽しかった。前日にお泊まりをして、朝5時まで話をした。名作のアニメ映画に鋭い観点からツッコむというのが私たちの得意分野だ。

当日は、花火を見ながら散々ふざけた事ばかり口にした。

社会人になって、みんなで集まるのが難しいと思うと切なくなった。この馬鹿どもは社会に出れるのかと心配になる反面、社会に出ずにずっとこうしていればいいじゃない、なんて思った。

 

他にもチマチマ飲みに行ったり、ご飯に行ったり、カッフェに行ったり、花火をしたり、空いた時にはバイトをして、普通に見れば最高に充実した夏休みだ。

 

 

なのに何でこんなに納得行かないのか。

貪欲過ぎるのか。

 

 

 

実はさっき、私に対する嫌味みたいな投稿を見て、少し落ち込んでいた。

 

でも、夏休み楽しかったと思ったら全部どうでもよくなった。

勝手に言ってろ〜!楽しかった〜!って気持ちだ。

 

 

でも終わりたくないよおおおお!

エンドレスエイト!!!カモン!!!